スポンサーリンク

ドイターのリュック、メトーヘン20をタウンユースで使う

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ドイツのDeuter、リュック、20リットルのメトーヘンを購入したのでレビュー。

長年ショルダーバッグを右肩にかけて使っていましたが、最近急に肩や首筋が痛くなってきました。

ショルダーバッグが原因ではないかと思いだしたので、リュックを使うことにしました。

ついつい3Dカメラも持ち歩いたりして重くなっていたのです。

なんも、知らんけど、リュックにしたら楽になるかなあと思ったのでした。

ドイターのリュック、メトーヘン20のタグ

ドイターのリュック、メトーヘン20のタグ

ドイターは、ドイツ最大のリュックサックメーカーだそうです。

店頭で見たら背面の「エアストライプシステム」というものがえらく快適そうにみえました。

夏場の不快なムレが軽減されるかもしれません。

厚み2cmもあるパッドが背骨に沿って縫い付けてあります。

特許なので、期待できそうです。

エアストライプシステムのロゴ、湯気かな、蒸発かな?

エアストライプシステムのロゴ、湯気かな、蒸発かな?

エアストライプシステムのタグ、背面の80%の面積を空気が巡回!!!マジ?!

エアストライプシステムのタグ、背面の80%の面積を空気が巡回!!!マジ?!

製品画像と実際に使う状態のイメージがチョット違う

店頭では、あんこが入っていない状態で見つけたのでとっても薄っぺらくて、シンプルに見えました。

自分はリュックに入れるものの中で、最大の大きさのランチboxが入るのを確かめて購入したのですが、あとでメーカーの製品画像を見るとイメージがずいぶんと違います。

メーカー側からの、「十分にモノが入るんだよ」を説明したいのかパンパンに膨らました状態の写真です。

タウンユースではもう少し余裕がある使い方をするような気がします。

実際に使ってみてサイドのストラップを締めると、スッキリと引き締まったスマートなシルエットになります。

アマゾンの画像だけで購入を検討する方は、そんな見方もあるんだとなと思っていただけたらと思います。

Deuterサイトからの借り物画像です。パンパンに詰め込んだらこんな感じになるようです。

Deuterサイトからの借り物画像です。パンパンに詰め込んだらこんな感じになるようです。サイドのボトルポケットには何も入ってませんね(^^)。出っ張り少ないシルエット。

本家、deuterのリンクです。

https://www.deuter.com/JP/jp/daypack/maedchen-20-4810019-red.html

購入した製品の色は、アンスラサイトです。

アンスラサイトとは、良質な無煙炭の破砕のことだそうです。

暗めのきれいなグレーでした。

経験上ブラックは汚れが意外に目立ってしまうので、グレー系にしました。

差し色はなくてメーカー名だけが白とライトグリーンです。

落ち着いたまあ地味な印象ですね。毎日使いです。

ドイターのロゴ(^^) リュックの色によって色が違います。

ドイターのロゴ(^^) リュックの色によって色が違います。汚れそうなので撥水スプレーをかけておきました。

ポケットは少なめ

  1. 左右に深いボトルポケットが2つ
  2. 外部上下にジッパーポケットが2つ
  3. 内部貴重品ポケットとしてジッパーポケット(網目です)
  4. 内部背面側に大型仕切り(防水だが薄い生地)

外部の上下にあるポケットは厚み(マチ)が薄いポケットで双眼鏡など厚みのあるものを入れると内部側に膨らみます。

外観がポコッとふくれたりしないので外観はスマート。

内部背面側仕切りにA4ノートパソコンが入りますが、保護クッションはありません。

自分ならメイン室に直接入れたほうが出し入れしやすいです。

ポケット数は少なめですが自分はどこに入れたか、すぐにわからなくなってしまうので、これぐらいがちょうどいいかなとも思います。

トレッキングポールループに傘を取り付けっぱなしにしているズボラな奴を見かけたら、自分なので声をかけてください。

ウエストベルトは取り外すことができます

自分はウエストベルトをときおり使うので取り外しませんが、ストラップがビラビラして危険と思われる方は取り外して使うことができます。

さすがにドイツ最大のリュックメーカーの設計ですね。

タウンユースではスッキリすると思います。ちなみに製品の製造国はベトナムでした。

ジッパーはすべてYKKです。

胸元の揺れ止め、チェストストラップは行動中にも上下位置を調整できるし、締まり具合も片手で調節できる平ゴムでとても快適です。

図書館に重い本を何冊か一度に返却するとき限定で使います。(例えば「戦闘技術の歴史」創元社 ISBN:4-422-2150、2、3、4など(^^)omoiyo!)

ウエストベルト、ショルダーストラップ、チェストストラップをきちんと調節すると、腰8、肩2に荷重が分散されるそうです。

肩痛いので、ありがとうです。

ショルダーバッグなら右肩荷重が10ですからね、、(そも2、本入らんけど)

お弁当、保温ランチジャー、ペットボトル、A5ノート2冊、カメラ、医薬品ポーチ、ハンカチ、マスク、手帳、ペン、その他でこんなかんじ

お弁当、保温ランチジャー、ペットボトル、A5ノート2冊、カメラ、医薬品ポーチ、ハンカチ、マスク、手帳、ペン、その他ごちゃごちゃでこんなかんじ

特許、エアストライプシステム AIRSTRIPRS SYSTEM

曲線的な2本の排気クッションパッドの間を熱気が逃げていくそうです。

ううむ、パッドが体に接するのでこの部分が蒸れないのか、ドイツクラフツマンよ?!

日本の真夏の過酷な状況は甘くないので、リュックで、でかけたくないです(^^)。で

もせっかくなので、タウンユースにおける夏のレポートもするつもりです。

請う無期待(^^)。

「エアストライプシステム」って、こんな形です。

「エアストライプシステム」って、こんな形です。

まとめ

  1. 久しぶりにバッグを買ったので嬉しい
  2. ショルダーストラップが立体というかS字型で、持っている安物リュックとは明らかに違うレベル
  3. ジッパーにはすべて雨除けのカバーがある
  4. 軽い540グラム!
  5. まじで20リットルなの
  6. なんも知らなかったブランドだけど、本物感と熟成感あるある
素材表記シール、540グラム!!軽い!

素材表記シール、540グラム!!軽い!

 

読んでくれてありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました