スポンサーリンク

初心者なので、掃除を最小限にする室内工作用「箱作業台」

この記事は約3分で読めます。

玄関先作業場での木工作業の能率化のために「箱作業台」を使っています。作業台の作り方の参考にレポートします。

室内工作用の「箱作業台」で掃除を最小限に

作業できるだけでありがたいと思っています。

「箱作業台」はゴミ受けと作業台を兼ねたようなものです。手ノコ作業ではオガ屑はほとんど箱の中に落とせます。

玄関スペースに箱作業台を運んできました

玄関スペースに箱作業台を運んできました

マンション住まいなので、のこを使う工作のときは玄関やベランダ近くに移動して作業していましたがブルーシートを広げたり、ブルーシートの清掃にとても手間がかかるので気軽に工作を楽しめませんでした。

キャスター台ごと内側にはめ込めます。キャスターは差し込んであるだけなので取り外しもできます。

 

そこで、大きめの箱を簡単にベニヤで作り掃除にかかる手間と時間を軽減できないか試しました。
箱の開口まわりにはクランプ用と補強のため2X2材をビス止めしました。
内側にもずらして2X2材をビス止め、これは内側に2X4を嵌め込んで開口部と面一にするための受けです。
移動のときのキャスター台も作りました。エンヤコラと運ばなくてもかなり楽になりました。これははじめてKregのポケットホールジグを使ったものです。

小さなパイプ椅子に乗っけてます。脚も作りたいですね。

箱作業台には脚がないので、小さなパイプ椅子に乗っけて作業することもあります。

ポケットホールジグのテストで使った端材でした。

端材をノコで切ってみます。たいていは垂直に切るためのジグを使っています。

やすった粉も箱の中へ直行。ペーパーごと入れてます。

箱に乗っかる材ならクランプできます。内側に垂直にクランプも可能です。

 

ふだんは化粧シートを貼ったMDF板をならべて蓋にしています。これを机代わりにペイント作業や、ノートパソコンなんかも使っています。

家族が喜ぶので作っておきます。作業場の許可よろしくお願いします。

箱作業台を作ってからは以前よりも、工作の頻度があきらかに上がりました。できることを少しずつ改良していきたいです。

読んでくれてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました