スポンサーリンク

【DIY】フレンチクリートで、重い鏡を壁に取り付ける

この記事は約5分で読めます。

フレンチクリートは斜めにカットした材の組み合わせで、キャビネットなどを壁に取り付ける方法です。DIY初心者が重い鏡を、なんとか壁に取り付けました。

スポンサーリンク

【DIY】フレンチクリートで、重い鏡を壁に取り付ける

鏡の取り付け方法を検索していて、フレンチクリートという設置法があるのを知りました。

French cleat - Wikipedia

直接壁に取り付けるのではなくて、部材を介しての取り付けなので取り外すこともできます。

この方法なら、DIY初心者でもできるかもしれないと

挑戦することにしました。

この鏡は重い

この玄関の鏡はとても古い鏡です。

相当に重いです。

いただきもののこの鏡は、震度5の地震で落下したことがあるのですが、

割れずに生き残った経験を持っています。

フレームは樫か欅かわかりませんが硬い広葉樹です。

鏡ガラスの縁は、斜めに研磨されているオールドスタイルです。

その重量のため、フックなどで吊り下げることができず、

滑り止めのシリコン防振ゴムを挟んで壁に立て掛けていました。

さすがにこれはマズイので、なんとかしなければと思っていました。

間柱を探す

この画像は、壁に鏡を取り付けるために

石膏ボードの下にある

間柱の位置を探っているところです。

間柱の位置を探しています。

マスキングテープで、印をつけています。

間柱のある位置にビスを打たないと、抜けてきてしまいます。

2013年に購入してほったらかしになっていた

「壁うらセンサー」というテスターみたいなものを使いました。

上級者は、壁をコンコンと叩いて音の変化で特定するそうです。

パナソニック 壁うらセンサーEZ3802です。

パナソニック 壁うらセンサーEZ3802を使っているところ

木材があると、光と音「ピー」で教えてくれます。

今でもまったく同じものが販売されています。

びっくりですね。

興味ある方は検索してみてください。

電池を抜いて保存していたので故障もなく使えました。

パナソニックの大陸製です。

柱のあるところで「ピー」と、音と光で教えてくれます。

昭和レトロです。

すばらしい。

また電線や金属も検知しますので、そういったところは避けてビスなどを打つことができます。

パナソニック壁うらセンサーEZ3802
パナソニック(Panasonic)
探知能力:【木材深】木材約13~25mm、プラスチック約13mmまで 【木材浅】木材約13mmまで 【金属専用】金属約50mmまで
パナソニック 壁うらセンサーEZ3802

レトロなパナソニック 壁うらセンサーEZ3802です

部材のカット、ちょっと(かなり)失敗

フレンチクリートの部材を塗装

曲がってカットしてしまいましたが、使います!

これは部材を丸のこで、45度にカットしニスを塗って乾かしているところです。

カットしているところの画像はありません。

写真を撮っている余裕などは、ありませんでした。

二度ほど、直線切りすら失敗しました。

日を改めて45度カットに挑戦

オガクズ吸引のための、

家庭用掃除機のスイッチを入れるのも忘れてカット実行。

見事に曲がってカットされました

定規は使ったのですが、

まっすぐカットすることすらできませんでした。

壁に取り付け

壁の間柱にフレンチクリートの部材を取り付けました。

長いビスで、取り付けました。水平は天井からの距離です。何本もの鉛筆によるうすい「墨」があります。苦戦しました。

しかし、取り付けます。

フレンチクリートは相対の部材を使うので、

曲がっていてもつかえることは使えるんです。

汚れた古い材ですが鏡の後ろに隠れてしまうので、

構わず使います。

手持ちのいちばん厚い合板はこれのみです。

鏡の裏に、フレンチクリートの部材をビス止め

鏡周りのフレームに下穴を開けてビス止めしています。

鏡の裏に、鏡川の部材をビス止め。

下穴を開けてフレームの安全そうなところに4本打ちました。

接着はしていません。

玄関の鏡、設置、完成です。

立て掛けてあっただけでした。ちょっと安心できました。やって良かったです。

取り付けました。(^^)

斜めにカットされている上の部材は、鏡にビス止めされた部材。下の部材が壁に取り付けた材

鏡の重量で、ガッチリと安定しています。

斜めにカットされている上の部材は、鏡にビス止めされた部材です。

下の部材が壁に取り付けた材です。

ガッチリと鏡の重量で固定されています。

今後、横から小さな木片で耐震補強とズレ止めをする予定です。

使った主な道具など

  1. 丸ノコ HiKOKIのC5MEYです。
    怖くて使いこなせてません。
    でも45度のカットは手ノコではできません。
    今回はなんとかなりましたが、うまくなりたいです。
  2. コンベックス(メジャー)他にも2個持っていますが、
    コメロン KMC-36C
    使うのはこればかりです。
    2mですごく軽い。
    天井からの距離を測るために必要です。
    さらに水平器があるといいのですが持っていません。
  3. 充電式ドライバードリル マキタの DF030DWXです。
    10.8Vで小型です。
    インパクトではないのでとても静かです。
    もう7年も使っています。
    DIYに欠かせない愛用品です。
    バッテリーがイカれはじめました。

今あるものを大切に使っていけたらいいなと思っています。

鏡を壁に取り付けるときなどの参考になったら嬉しいです。

フレンチクリートでした。

読んでくれて、ありがとうございます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました