【DIY】メガネが壊れたので修理した

家族のメガネがバラバラ、実は2回目の修理です。100均工作
家族のメガネがバラバラ、実は2回目の修理です。

家族がメガネ壊してしまったので修理してみました。予備の眼鏡として実用できているのでレポートします。エコバッグにメガネケースに入れない状態で持ち運んでいたために壊してしまったようです。なるべくメガネケースに入れる習慣が大切だと思います。

スポンサーリンク

メガネが壊れたよ

家族のメガネがバラバラ、実は2回目の修理です。

家族のメガネがバラバラ、実は2回目の修理です。

完全に壊れてメガネはバラバラの状態です。ヒンジ部分が折れてしまっています。

 

開閉は(折りたたみは)諦めてツルを固定して使えるようにしたいと思います。予備のお家メガネとしてなんとか使える状態にしたい。

修理

平らな面を選んでプラバンの小片で補強

平らな面を選んでプラバンの小片で補強、3箇所に補強。

瞬間接着剤で固定します。列断面だけの接着では強度が不足なので補強のためにタミヤのプラバンを小さく切って貼り付けます。厚みが出ないよう金属の薄板でも良さそうでが今回はプラバンでやってみました。

 

補強の終わった部分を熱収縮チューブで隠します。

補強の終わった部分を熱収縮チューブで隠します。

一晩おいて十分に固化させました。修理部分を熱収縮チューブで隠します。

十分にドライヤーで収縮させれば強度も期待できます。

使った道具と材料

使った材料、熱収縮チューブセットと瞬間接着剤です。

使った材料、熱収縮チューブセットと瞬間接着剤です。

  • 100均の瞬間接着剤、ハケ付きのすぐには乾かないタイプ(画像のものはセリアで買ったものです)
  • 熱収縮チューブセット(アマゾンで購入)
  • タミヤのプラバン(使ったのはごく少量です。接着できるプラ板ならなんでも利用できると思います)
  • ドライヤー(ごく普通のヘアドライヤーです)
補強にはプラバンを小さくカットして接着します

使った材料。補強にはタミヤのプラバンを小さくカットして接着します

タミヤのプラバンは常備しています。裏がマット状になっているので接着に適しているように思っています。様々な用途で使えるので便利なんです(^^)

修理部分の拡大、サイズの違う熱収縮チューブを2種類使いました。

修理部分の拡大、サイズの違う熱収縮チューブを2種類使いました。

プラバンの厚みで修理部分がかなり膨らんでしまいました。なので熱収縮の限界で緩んでいる部分に小さいサイズのチューブを更にかぶせて収縮させました。ちょっと不格好ですね。

修理完了

美観をかねて熱収縮チューブで補強。完成です。

美観をかねて熱収縮チューブで補強。完成です。

完成しました。こんなかんじ。折りたたむことはできませんが予備のメガネとして活躍しています。

家族は習慣ですぐに折りたたもうとしてしまうので、何か 工夫をしてほしいと言っていますが、これといったアイディアは浮かびません。これで我慢してね。

むりやりまとめると

  • 修理部分はコンパクトに仕上げたほうが何かと良い、材料集めは日頃から心がけよう
  • 瞬間接着剤は便利だ
  • メガネケースに入れる習慣が大事ということ

 

読んで頂いてありがとうございました。
開閉できる修理があったらヒントでもいいので教えてくれるとありがたいです。こうぐばこでした。

コメント