リステリン上級者用から、自作の重曹マウスウォッシュへ心変り。

食品用重曹を小さじ一杯を500ccペットボトルに振って溶かすだけの自作重曹マウスウォッシュを使い出しましたが、とても気に入りましたのでレポートします。

sponsor link

今までマウスウォッシュは、

様々な製品を試したあげく、リステリンの上級者用と表示してある、手に入りにくいものを使っていました。甘さ成分が入っていな強い刺激感があるものです。人気がないのか売っているのをあまり見ないし、安売りしていないので仕方なくネットでまとめて買っていました。

ことの始まりはgoogle先生「自作、マウスウォッシュ」と聞いたらここが目に止まりました。

虫歯が自然治癒!?歯科医推奨の重曹マウスウォッシュがスゴイ!
虫歯の治癒を促進してくれる重曹マウスウォッシュの作り方

へえ、試してみるかなと家族に「重曹ある?」と聞くと、料理用の重曹を出してくれました。
食品用重曹はこんなパッケージ

ふっくらとしたお好み焼きに入れてたのか!

ふっくらとしたお好み焼きに入れてたのか!

作り方はとても簡単です。小さじ一杯分を500ccのペットボトルに入れて振るだけ(^^)。できた。

水だと思われると(思わないよ)こまるのでタグをつけといた。

水だと思われると(思わないよ)こまるのでタグをつけといた。

家族が水と間違っても(困らないけど)こまるので、いちおう簡単なタグを付けて運用することにした。ちょいちょいその辺にあるもので、かどまる大活躍だ。

甘さ成分が当然だけどまったく入っていないし、低刺激なので口をゆすぐのがラクチンなのだ。500ccペットボトルで作るので、バカでかい大容量の製品の使いにくさから開放されたことも大きい。使いやすいし開放感が嬉しくて、口をゆすぐ回数が増えて快適だ。

下の容器は100均のスプレーにシールを張った予備のスプレー。純正のはガラス製なので、ハードな行動の時はこっちを持って行きます(^^)

下の容器は100均のスプレーにシールを張った予備のスプレー。純正のはガラス製なので、ハードな行動の時はこっちを持って行きます(^^)

北見ハッカのスプレーを、一吹き追加すると爽やかさが加わる。入れ過ぎは禁物。2回までにしている。

(2016年4月29日記事追加)

料理用の重曹はすぐに無くなってしまうので、1Kg入の袋を購入しました。あちこち価格をしらべたところ、アマゾンで1kgで490円送料込みを見つけました。コレは安い。しかも食品添加物用です。注文しました。これです。

効能も様々言われているようだけど、基本的には口中をアルカリにするので効果が期待できるようです。なによりもゆすぐ回数が自然に増えたのにびっくりしています。モノの使いやすさや使い勝手が行動にこんなに影響するものとは思っていませんでした。お薦めします!(^^)!

sponsor link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link