gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');手元用の万力、パナバイス PANA VISE に、木製台座を取り付けた | こうぐばこ

手元用の万力、パナバイス PANA VISE に、木製台座を取り付けた

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台をDIYブログ

手元用のアルミ万力、パナバイスに台座板を取り付けました。パナバイスは数十年前から工作机で使っています。ちょうど良い重さなので台座無しでそのまま置いてあるだけでした。
なぜか心境の変化で傷だらけの机板を綺麗にしたくて、グリーンのソフトな手触りのPV綿布を張りました。通常はA2サイズのカッターマットを置いて作業しますが、使わないときもあるので傷防止のために台座板を取り付けました。

アルミ、パナバイス PANA VISE はあらゆる角度で固定できる

パナバイスはあまり見かけませんが、非常に便利で使い勝手の良い万力です。角ばっている部分が少なく、怪我や痛い思いをしません。模型、ハンダ、木工、修理、観察、カラワリ、工作、破壊などあらゆる趣味で使っています。

パナバイスは、ボールジョイントであらゆる角度に固定できる。

自分のパナバイスは#301というタイプで、固定ベース(#300)とバイスヘッド(#303)を組み合わせたものです。他にもバキューム台座やざまざまなバイスヘッドを組み合わせできるようです。固定ベースは丸いボールジョイントで、これに様々な万力ヘッドパーツを挿し込み固定する構造です。あらゆる角度で固定できますが、本体を机上に置いてあるだけなので水平に向きを変えながら作業できるので快適そのものです。純正台座も当然あって便利そうなのが何種類もありますが手が届きません。

パナバイスは優しい工業デザインで、手があたっても痛くないぞ。

全体が丸みをおびたソフトな形状なので手があたっても怪我の心配が少ないと思います。平バイスや精密バイスは尖った角に素手を当てないよう怪我への注意が必要ですが、パナバイスで痛い思いをしたことはありません。自分のような、なんちゃってパジャマ工房にはぴったりです。

数十年前と同じものを購入できる!

今回改めて調べたところ数十年前と同じシリーズで販売されていて驚きました。USA製なのですが安定していますね、安心です。まあそれなりの価格ですが、品質を考えると妥当なところかもしれません。自分が所有する#301はハンドルつまみのデザインが違う。

ありあわせの端材を台座として取り付ける

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台

目測でこんな位置かな、、

パジャマ工房で、なんちゃって工作開始。目測で適当に位置を決めます。後で後悔するんですけどね。たまにはきちんとスケールを使います。ボールジョイントの固定つまみの塗装が剥げてきていい感じになってきた。

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台をDIY

下穴無し

節だらけの1✕6材の端材です。持っていたダイドーハントの木工用造作ビス「おさえ上手」は先割れビスなので下穴無しで作業。問題なし。しっかり止まります。

造作ビス、おさえ上手

テーブルの駒止用に購入したビスが、使えた。

以前テーブルの駒をゆるく止めるためにヘッドの大きいネジが必要だったので購入したビス。ダイドーハント  木工用造作ビス「おさえ上手」意外なところで役立ちました。ワッシャーヘッドって言うんですね。なるほど。

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台をDIY

本体を取り付けた造作ビス、頭が平たくて大きく10mmもあります。

ダイドーハント  木工用造作ビス おさえ上手です。長さ21mmのものです。使いやすい長さです。
頭が色つきのものや黒染めタイプもあるようです。

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台座

完成、薄いニスを塗っときました。

奥に平バイスが見えます。中華ボール盤に付属していたものですがめったに使いません。机で使うには万力台を作らないとだめですね。締め付けハンドルが机面に当たるので回せないし、移動も掴みにくいので片手で移動とかが簡単ではありません。

完成です。順序が逆でしたが、なんちゃってニスを塗っときました。ごく薄いつゆだくニスです。二度塗りです。塗面は薄く強度はありませんが、油性汚れの染み込み防止はできる。底面はザラつきがほしかったので未塗装です。
100均の滑り止めマットの上に置いて使ったりします。

手元万力、パナバイス PANA VICE に木製台をDIY

本箱を作ったときに節があるので端材になった。有効利用(^^)。このあと、端の角をヤスリで丸めました。

工作机の下に保管します。心変わりで、机の上はないもない状態にしたくなってしまったのでした。以前はすぐに取りかかれるように、工具も、万力も、ハンダゴテも、机に散乱していました。実際に作業できるスペースは30cm平方程度でしたよう。

今は広々していますが、いつまで続くことやら、、、

DIYman
DIYman

いいっすね、3日はがんばれ(^^)

生涯愛用予定のパナバイスの紹介レポートと、ワッシャーヘッドなビスの紹介でした。
読んでくれてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました