半導体アナライザ DCA75どうなの?

ポチったカーブトレーサ付きの半導体チェッカー、Peak Atlas DCA75がやって来た。
軽いな、DCA75(^^ゞ

霜降り状のダンボールパッケージ、画像はプラスチックの袋から出して撮影。

DCA75のパッケージラベル、秋月で作ったのかな?

なんとも古っぽいデザイン、いいね。古いアップルのマークを思い出す。このカラーはAtlas社が生産する測定器の筐体デザインの展開テーマカラーなんだろうか。

DCA75の注意書きとかマニュアル、英文です(^^ゞ。困った。

英文なので拾い読み、何とか使えるかな。WEBで諸先輩たちの使い方を集めなきゃなあ。

DCA75の筐体の形にそって、ダンボールパッケージに嵌めこまれています。

画像は扉のようになっているパッケージを開いたところ。質素だけど衝撃から筐体を守るようになっています。見慣れたアップル製品のとんでもない贅沢なパッケージと比較はできないけど製品への愛情が感じられるな。テストクリップは安っぽい気がする。耐久性は大丈夫だろうか。

DCA75用に105円でケースを買ってきた。

専用のキャリングケースが有るんだろうけど、チープなMy実験机によく似合う100均プラケースを買った。大陸製。

DCA75を入れてみた(^^)

滑り止めのシートをカットして入れた。USBコードは硬いので縛っておかないとばらけってケースに入らくなってしまう。なんとかしなきゃなあ。

DCA75のために久々レザークラフト!縫い方忘れてたぞ。

あちこちに分散していたレザークラフトの道具を集めて、硬いUSBコードをまとめるバンドを縫ってみた。

DCA75のケース。もうちょいキツメでも良かったかな。

とりあえずこれにDCA75を入れて運用したい。エゲレス+支那+ジパングの三国同盟である(^^ゞ。同床異夢であろうか。

DCA75のクローズアップ

電池交換ができるようなので中を見てみましょう。単4一本で作動しているようです。

DCA75の裏面表示シール、アルカリAAAとありますね。

拡大レンズ付き照明のLEDスタンドが、安物なのでギラついてライティングに苦労。チラツキがあるし明るさが揺らいでいる気がします。いつか修理したい。レンズを通しているのでいまいちですね。

DCA75、裏面。普通のプラスネジです。

電池交換のためか、いじり止めの特殊なネジではありませんね。

DCA75の内部、ネジ3本で止まっています。

Rev1.3とあります。改良ロットでしょうか。電池はテスターで電圧測定、このまま使います。

DCA75の基盤。Microchip Technology

Microchip TechnologyのPIC18F47J53-I/PTとあります。これかな

DCA75のLCD面です。

左側には気になる端子があります。電池は開いた基板の窓に嵌り込んでいます。

DCA75基盤、端子部の部品面

そのうちどなたか魔改造をされるでしょう。

京谷豊さんのページ「半導体アナライザ“DCA55”vs“DCA75”使いくらべの巻」に詳しい解説が公開されています。

http://blog.zaq.ne.jp/kyotani/article/504/

sponsor link