「トランスコンチネンツ」の腕時計「ジェット」

「トランスコンチネンツ」の

ジェットと呼ばれるシチズン製造の腕時計です。

ハンドは時、

分がクロームのな笹針、

秒針が丸い透明板に

ジェット機が印刷されています。

インデックスは面取りのある略字、

風防はボックス型でとてもクラシカルです。

70年あたりにはやった

ステンレスメッシュのバンドがセットされています。

管理人所有の時計は

文字板がブルーで明るい感じがします。

sponsor link

ブルーの海の上を

赤い小さなジェット機が飛んでいるのを

眺めるのはなんとも楽しいものです。

小さなジェットの影が

針や文字板に落ちて立体的です。

秒針はクオーツですから1秒運針です。

シチズンにはF335F230

1/5秒運針のムーブがあるので

ぜひスイープ風のジェット機が見たかったです。
シルバーなど

数種の文字板と

色がちがう秒針ジェットが

組み合わされて各種販売されたようです。

「トランスコンチネンツ」はユーロスタイルのファッションブランドということですがかってはビームスと人気を二分するほど元気だったようですが紆余曲折を経験しています。「ファッション流通ブログde業界関心事」などによると

○東急百貨店グループのヨーロッパ系セレクトショップとして発足

○流通専門再生会社「キアコン」が買収。

○イマージュ・ホールディングスが買収。(2004年11月)

○イマージュ・ホールディングスが
トランスコンチネンツを清算(08年7月)

○アパレル、ポイント社が商標権を取得(08年12月)

のような流れのようです。

再び魅力的な腕時計の販売を

ぜひとも期待したいです。
購入は在庫があれば

「トランスコンチネンツ」系のショップが有力です。

半額以下で販売されたこともあったようです。

チェックされたし。

裏蓋はステンレスで

大きな地球とジェット機のロゴが

全面に刻印されていてとてもいい雰囲気。

大きな竜頭には

トランスコンチネンツのロゴが刻印されています。

シチズンの5537キャリパーです。

月差±20秒、

でかい板状の秒針を回すからか1.5年しか

電池が持ちません。

参考リンク
ファッション流通ブログde業界関心事 復活なるか、トランスコンチネンツ
http://dwks.cocolog-nifty.com/fashion_column/2005/06/post_fe5e.html

トランスコンチネンツHP
http://www.trans-c.com/index.html

追記)上記のリンクは閉鎖されたようです。記念にリンクは残しておきますが、情報商材系のサイトになってしまっています。2013.06.13

sponsor link