【修理】iPhoneのUSB lightningケーブルが断線【MIF認可】

1年と10ヶ月で、appleのMIFの認可と称するUSB lightningケーブルが断線しかかっています。なんとかしなきゃと修理したのでレポートします。最初から対処して使い始めたほうがいいのかもしれないよ(^^)。

sponsor link

1年と10ヶ月で、切れかかるのは早いのか、

それとも十分使ったことになるのか? 家族のケーブルと合わせて考えると、しょっちゅう買っている気がするぞ。旅行日程もあるのですぐ修理することにした。

なんとケーブルに裂け目があああぁぁぁぁぁ予備は無いぞ、おいっ!(^^)

なんとケーブルに裂け目があああぁぁぁぁぁ予備は無いぞ、おいっ!(^^)

これはもう、すぐにでも断線するか、もう一部切れているのではないか??? 熱は持たないようなので、修理する決意。

補強のためのパイプ探し、フリクションのインクパイプが良さそう

補強のためのパイプ探し、フリクションのインクパイプが良さそう

ジャンク箱をあさって、ボールペンのインクパイプをカッターで切り取って評価。フリクションのパイプが内径に余裕があって良さそうだ、いやなんとなくだけど。

あれ、まっすぐ切れないなあ。でもこれを使うのだ。

あれ、まっすぐ切れないなあ。でもこれを使うのだ。

ううむ、まっすぐに切り込みが入れられない。やっつけ仕事だが、もちろん採用である。問題ない(ようなきがする)(^^)。

パイプをひろげてコードになんとかはめ込む。

パイプをひろげてコードになんとかはめ込む。

苦労した。コード分のすき間になかなか広がってくれない。説明できないが気がついたら入っていた。夢のようだ。

困ったときのウルトラ多用途です。どれだけ助けてくれたかわからない。

困ったときのウルトラ多用途です。どれだけ助けてくれたかわからない。

コニシの「ウルトラ多用途」超クリアーです。この接着剤は2013年の7月10日に購入したものですが、約3年たった今いまだに現役で使えています。その間、我が家のあらゆる場面で生活を支えてくれていますね。いざ使おうと思って、乾燥して使えなくなっている接着剤が多い中では別格の信頼感があります。今回も頼むぞ。

根本に押し込んで、ぐるぐる回してなじませる、仲良くなれよ~~(^^)

根本に押し込んで、ぐるぐる回してなじませる、仲良くなれよ~~(^^)

いいかんじ、もうちょっと接着剤を盛り込むか迷ったが、これで良しとします。体験的に丸一日は乾燥を待ちたいところだけどそうも行かない。

乾燥するまで待っている余裕はない。iPadminiは火が消える寸前の火の悪魔カルシファーのごとく電力を欲しがっている。

乾燥するまで待っている余裕はない。iPadminiは火が消える寸前の火の悪魔カルシファーのごとく電力を欲しがっている。マスキングテープでぐるぐる巻きにして使いはじめる。なんかこのまんまになる予感がするな。

ぐるぐる巻きにして接着剤の乾燥を待つ、間もなく、使いはじめるのだ

ぐるぐる巻きにして接着剤の乾燥を待つ、間もなく、使いはじめるのだ

さらにぐるぐる巻きにして、使い始めました。使い始める前にこのような強化工作をしたほうがいいのかとも考えた。

固化したので、追加記事です。(2016年5月19日)

ウルトラ多用途が固まったので、もう一手間。手持ちのなんちゃって、ヒシチューブ(熱収縮チューブ)から合いそうなものを選ぶ~。

ウルトラ多用途が固まったので、もう一手間。手持ちのなんちゃって、ヒシチューブ(熱収縮チューブ)から合いそうなものを選ぶ~。

怪しげな無名の熱収縮チューブキットは黒色のみ、秋葉原で少しずつ買ったヒシチューブらしき色付きがいいなあやっぱり。

完成だ!断線は防げるのであろうか、この後どうなるのか?まあまあの上出来修理のような気がしないでもない(^^)

sponsor link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link