【コンデジ】家族にカメラを譲る、何世代も前のコンデジに使い道はあるのか【RICOH R10】

家族が冬の木の芽を撮影したいので、接写できるカメラを用意しなさいというので、RICOH R10(リンクはメーカーへ)を譲ることにしました。すでに生産中止になってかなりになる。1000万画素で28~200mm光学7.1倍ズーム。今となってはスローモーな動作だけど、接写には強い。広角側 で1cmまで、望遠側 で25cmまで接写できる。

Richo R10、GR、Fuifilm Finpix REAL 3D w3が今の所有カメラ。もう重いカメラは持ち歩きたくない。iPhoneだけで外出することも多くなった。

Ricoh R10、GR、Fuifilm Finpix REAL 3D w3が今の所有カメラ。もう重いカメラは持ち歩きたくないな。iPhoneだけで、外出することも多い。

ブログ記事やオークション出品写真の撮影にずいぶんと使った。iPhoneを買う前だったから、出歩くときは必ずポケットに入れていたなあ。このころが一番コンデジを使いこなしたころだった。このカメラの後に、RICOHの GR III → GR と続くのだけど、iPhoneを使い出したのでコンデジを持ち出す回数が減ってしまった。バッグに入れてあってもiPhoneで撮影することも多かった。コンデジ受難時代ですね。それにポケットに入れるにはGRは少し大きいかもしれない。

家族に譲るにあたって、ひと通りチェックして問題なさそう。バッテリーの純正は大丈夫のようだけど、予備の大陸製のものが少し膨らんでいるので廃棄。取説、充電器、パッケージに入れて第二の人生となりました。

sponsor link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link