【DIY】スポンジブラシで水性ニス、筆を洗わなくてもいいよ

この記事は約3分で読めます。

ホームセンターで、小さなスポンジブラシを見つけました。

小さなビンも購入して、思い立ったらすぐに塗装できる

「筆付きのニスビン」を作ってみました。

使い方の参考にレポートします。

塗装後の後始末やブラシを洗わなくてもOKなので

気軽に塗装できそうです。

スポンジブラシを使うのは、はじめてです。

スポンサーリンク

【DIY】スポンジブラシで水性ニス、ブラシを洗わなくてもいいよ

ホームセンターで、スポンジブラシを発見しました。

存在は知っていましたが見るのははじめてです。

これが刷毛ブラシの替わりになるのだろうかと興味がわきました。

大型のものはビンで使うのは無理っぽいので、

一番小さいタイプとガラスビンを買ってきました。

ホームセンターで購入したビンとスポンジブラシ

ホームセンターで購入したビンとスポンジブラシ

ビンの蓋にブラシの軸が通る穴をあける

缶の蓋にドリルで穴あけ

スポンジ・ブラシの軸と同じ径の穴を開けます。

目打ちで、コンと小さな凹みを作ってから金工用のドリルであなを開けました。

きれいな円にはならなかったので、

少しヤスリで加工しましたが

よりひどくなっていく気がします。

蓋にブラシを取り付けます

蓋と筆をホットボンドで密閉

ホットボンドで固定します。即、塗装できます。

筆を差し込んで、ホットボンドで密閉するように固定しました。

筆が上下できるようにしたいところです。

「筆付き塗装ビン」の完成

筆付きビンで後始末がなくなります

ニスを塗ったあと、筆を洗うのがとっても面倒です。「筆付きビン」にしてしまえば洗わなくてもいいです。

水性ニスはワシンの木工作用透明クリアです。

使い方

  1. 蓋を開けて、ビンの縁で塗料がたれないぐらいの量に調節してから
  2. 塗装します
  3. 使用後は、
  4. ヘリについた塗料を拭き取ってから
  5. 蓋を戻して乾燥しないように
  6. きっちり蓋をします
  7. 後始末なし!

水性ニスは乾燥後も、ビニールっぽさが残っている気がするのですが

気軽に塗装できるので積極的に使っていこうと思います。

油性ニスは、強い匂いがするので家族に不人気です。

「筆付き塗装ビン」には、

ひと目で内容がわかるようにラベルを貼りました。

注意!
「ビンのへり」に付着した塗料を
ウエスでキレイに拭き取ってから蓋を閉めます。
垂れた塗料がそのままだと固着します!

読んでくれてありがとうございます。

スポンジブラシ
ハンディ・クラウン(Handy Crown)
【材質】毛材:発泡ウレタン ハンドル:木、PP

コメント

タイトルとURLをコピーしました